オスグット病で福岡県No1の実績!オスグッド病の専門治療院
オスグッド病の症例

その他

「オスグッドの症例・福岡市」 オスグッドの出っ張り

オスグット病・・・福岡市早良区西新、室見、祖原、藤崎、百道浜、城西の整体。

↑写真の白丸がオスグッド病の痛い部分の出っ張りです。

この出っ張りは、オスグッドの初期なら腫れているケースもありますが、

半年、1年もオスグットが治っていない子の場合は骨が変形しています。

病院に行ったけど・・・

整骨院に通ったけど・・・

というお話は、患者さんからよくお聞きします。

骨を変形させてしまう程に筋肉が収縮しているので、電気治療

や簡単なマッサージではオスグットを解消させるのは難しいのです。

この子は、10ヶ月間も痛みがあるそうです。

オスグット病の知識・技術・経験があれば、オスグットを解消させる

ことは難しいことではありません。

お困りの方はご相談ください!

 

福岡市中央区・福岡市城南区・福岡市早良区・南区・西区・東区・博多区・中央区・北九州・久留米・大野城・春日・太宰府・筑紫野・那珂川・糟屋郡・志免町・須恵町・粕屋町・宇美町・篠栗町・小郡・鳥栖・飯塚・行橋・柳川・日田・八女市・八女郡・六本松・別府・草香江・鳥飼・警固・赤坂・大名・七隈・加茂・西新・祖原・藤崎・室見・百道浜・愛宕浜のオスグット(オスグッド)・成長痛はオスグットの専門整体院・福岡中央整体にご相談ください。

「オスグッドの症例・福岡市」 オスグットは、病気や成長痛ではない

オスグットの正式な名称は、オスグッド・シュラッター病です。

名前だけ聞くと、聞きなれない言葉だし大変な病気かと感じてしまいます。

しかし、これはオスグットの症状を発見した2人の医者の名前をつなげている

ために長く重々しい名称になっているだけです。

なので安心して頂ければと思います(^^)

 

また、オスグット病は、病という文字が付いていますが病気ではありません。

さらに、オスグット病は成長痛だと誤解されていますが、オスグットと成長痛は異なります。

オスグット病はスポーツ障害です!ケガと考えたほうがいいかもしれません。

 

オスグッド病の子は、キチンと治療すれば良くなります!

病気ではないので、飲み薬は不要です。

成長痛でないので、成長が止まるまで待つ必要はありません。

オスグッド病は、スポーツ障害だからこそ整体で良くすることが可能なのです!

多くの症例をホームページに載せているのでご覧ください。

オスグッド病の痛みは解消することができます。
お困りの方はご相談下さい!

 

 

福岡県・福岡市中央区・城南区・南区・福岡市西区・東区・福岡市早良区・博多区・北九州市・久留米市・大野城市・春日市・太宰府市・筑紫野市・那珂川・糟屋郡・志免町・須恵町・粕屋町・宇美町・篠栗町・小郡市・鳥栖市・飯塚市・行橋市・中間市・六本松・草香江・大濠・赤坂・西新・祖原・城西・鳥飼・別府・藤崎・室見・昭代・田島・地行・今川・百道浜・百道・高取のオスグット病(オスグッド病)・成長痛は、オスグット病の専門治療院・福岡中央整体/オスグッド-福岡研究所

「オスグッドの症例・福岡市」 オスグッド病と成長痛は別物

オスグットは成長期の子供(小学4年生~中学生)に発症するので、

成長痛と誤解されている場合が多いです。

しかし、オスグットは成長痛とは異なります!

成長痛とは

  • 幼児~小学生低学年に発症します。
  • 膝だけでなく、足首、股関節、肘、肩関節などの全身の関節が痛む。
  • 夜に激しく痛むが、翌朝はケロッとしていることが多い。

それに対してオスグットは

  • 小学4年生~中学生に発症します
  • 膝のお皿の下のみが痛い
  • 慢性的に痛い、スポーツした後が特に痛い

成長痛とオスグット病は厳密には別物なのです。

オスグットは成長痛でなくスポーツ障害と考えるといいです!

オスグットは成長痛でなくスポーツ障害という視点があるからからこそ、数多くのオスグット病

を解消することができています!

佐賀、大分、熊本など遠方からも施術を受けに来られます。

オスグット病の痛みは解消することができます。
オスグッド病でお困りの方はご相談下さい!

 

 

 

福岡県・福岡市中央区・城南区・南区・福岡市西区・東区・博多区・福岡市早良区・北九州市・久留米市・大野城市・春日市・太宰府市・筑紫野市・那珂川・糟屋郡・志免町・須恵町・粕屋町・宇美町・篠栗町・小郡市・鳥栖市・飯塚市・行橋市・六本松・草香江・大濠・赤坂・西新・祖原・城西・鳥飼・別府・藤崎・室見・昭代・田島・地行・今川・百道浜・百道・高取・港のオスグット(オスグッド)・成長痛は、オスグット病の治療院・福岡中央整体/オスグッド-福岡研究所

「オスグッドの症例」 大人のオスグッド

33歳 男性  久留米市 中央町

中学の時にオスグッド病で苦しんだ経験のある方です。成人してからは、オスグッドの痛みを感じたことはなかったそうですが、最近サッカーをやり始めてから左足の古傷(オスグッド病)の辺りに痛みを感じるようになってきたようです。しゃがんだりすると痛いようです。

検査すると確かにオスグッドの原因になる大腿直筋は緊張していました。さらに動作を観察すると、左足の膝から下が外旋する癖がありました。外旋しないように止めてしゃがんでもらうと

「・・・不思議と痛くないです!」

とおっしゃいました。オスグッド病の再発と言うよりは、外旋することによる膝の痛みだったようです!

オスグットでお困りの方はご相談ください。

 

福岡県・中央区・福岡市城南区・南区・西区・福岡市東区・博多区・福岡市早良区・北九州市・久留米市・大野城市・春日市・太宰府市・筑紫野市・那珂川・糟屋郡・志免町・須恵町・粕屋町・宇美町・篠栗町・小郡市・鳥栖市・飯塚市・行橋・門司区・北九州市小倉区・北九州市八幡東区・八幡西区・北九州市若松区のオスグット病(オスグッド病)・成長痛は、オスグット病の専門治療院・福岡中央整体(オスグット病-福岡研究所)にご相談ください!

「オスグッドの症例・福岡市」 6歳のオスグット病-③  福岡県久留米市

オスグッド病

福岡県久留米市

6歳  男性(小学生)

3回目の治療。筋肉が硬直したような感じだったが、今日は別人のように柔らかい!

ジャンプしても、しゃがんでも、正座してもオスグットの痛みは全くなし(^^)

来るたびにワンパクになっていく(^^)

今後大事なのは、野球の始め方です!

いきなりフルに練習してはダメです。練習時間を30分ずつ延ばしていくのが望ましいです。また、ストレッチは、歯磨きのように習慣にしましょう。

最後に、秘伝のオスグット技をお伝えし、治療は卒業となりました(^^)

S君!野球、頑張ってください!

6歳のオスグット病01?6歳のオスグット病02

オスグッド病の痛みは解消することができます。
小児・幼児のオスグット/小学生のオスグット/
中学生のオスグットはお任せ下さい。

 

 

 

福岡市中央区・福岡市西区・福岡市城南区・福岡市早良区・南区・博多区・東区・草香江・別府・鳥飼・六本松・野芥・姪の浜・大橋・高宮・片江・田島・七隈・大濠・今川・西新・地行・黒門・唐人町・荒戸・平和・佐賀県・大分県・熊本県・北九州市・久留米市・春日市・田川市・朝倉市・太宰府市・鳥栖市・小郡市・うきは市・嘉麻市・飯塚市・日田市・八女市・糸島市・唐津市・伊万里市・武雄市・天神・別府・大名・田島・祖原・遠賀郡・中間市

「オスグッドの症例・福岡市」 幼児~小学校低学年の成長痛、オスグッド病

ホームページのお問合せより質問がありました。幼児期の成長痛、オスグッド病についてです。
原因不明の成長通で悩んでおられる方は多いので一部転載したいと思います。
参考にして頂ければ幸いです。

【相談内容】
6歳の息子のことです。ちなみに少年野球をしています。まだ1年生で激しいトレーニングはしていません。練習中や、夜になると左の膝の少し下が痛いと言う ので病院に連れて行きました。そしたらオスグット病と言われました。(まだ6才なのに???)たまにしか痛みは出ないようですが痛くなった時は、かなり痛 い様です。いつ痛くなるか分かりませんが、怖いので練習について来てと言っています。野球を辞めたくないので痛くても嘘を付く様な気もします。治る病気で しょうか?

【回答】
小学1年生のオスグットの件ですが、幼児~小学校低学年の成長痛と思われます。病院の検査で異常なしだが、夜中に急に泣き出して足の痛みをうったえるパターンです。3~7歳の子に集中しています。
夕方から夜にかけて成長ホルモンの分泌が盛んになり、痛みを感じます。膝、すね、ふくらはぎのどこが痛いのかはっきりしない場合が多いです。痛みの原因は、ホルモン分泌だけでなくいくつか考えられます。
子供は、身体が未成熟なのに、すごく活発に動きます。体の許容範囲を超えた疲れにより痛みが引き起こされるケースもあります。また、ぐんぐん背が伸びる時期で、骨の成長速度に筋肉の成長が追いつかない場合の痛みもあります。

もう一つ大事なこととして、心理的な原因です!親にもっと相手をしてほしいという気持ちが痛みを引き起こします!感受性の強い子、甘えん坊の子だと可能性は高いと言われています。
親がイライラすると、悪循環でますます痛みが増します。スキンシップをとることが何より大切です。
心が緊張状態になると体も緊張してしまい、筋肉がいろいろな場所を引っ張って痛みがでます。

オスグット病も成長痛の1つですが、10歳~15歳に多いです。膝(お皿)の数センチ下の成長軟骨が、太ももの筋肉に引っ張られて痛みが出ます。オ スグット病・幼児~小学校低学年の成長痛も病気ではありません。体の使いすぎによるスポーツ障害・心と体のバランスの不均衡にすぎません。正しい処置をす れば、大ごとにはなりません。

しかし、自然にはなかなか良くなりにくいものです。先程、心の緊張により体も緊張するとお書きしましたが、心と体は表裏一体です。体の緊張、ゆがみをとれば、心の緊張もほぐれ痛みもとれます。

オスグット病の一問一答  「骨がグングン伸びるからオスグッド病は痛い?」  福岡市オスグッド病-研究所

オスグッド病は、骨がグングン伸びるから痛い?

小学生や中学生は、成長期なので骨が伸びることがオスグッド

の痛みの原因と言われることがあります。

しかし、厳密には違います。

もし、骨が伸びることが痛い原因なら、小・中学生は皆が骨

が伸びているので、皆がオスグッド病になることになってしま

いますが、そんなことはありません。

オスグッドの本当の原因は、骨が伸びることではなく

別にあるということです!

成長痛、膝痛でお困りの方はご相談ください。

詳しいHPはこちらオスグット病-福岡市研究所

 

 

 

福岡中央区・福岡城南区・南区・西区・東区・博多区・早良区・北九州・久留米・干隈・大野城・春日・野芥・六本松・草香江・田島・赤坂・友丘・輝国・笹丘・小笹・長尾・別府・茶山・梅林・飯倉・城西・赤坂・大手門・舞鶴・赤坂・荒江・原・干隈の首痛・頭痛・偏頭痛・首痛・肩こり・慢性の肩こり・腰痛・坐骨神経痛・肩痛・背中の痛み・肩甲骨の痛み・膝痛は草香江整体、福岡中央区整体

オスグットの病一問一答  「膝下のでっぱりは改善しますか?」  福岡市オスグッド病-研究所  

膝の下のでっぱりは改善しますか?

オスグッド病のでっぱりには、2種類あります。

1つは腫れてでっぱっている場合ですが、この場合は単なる腫れなので改善します。

もう1つは軟骨が変形して盛り上がっている場合ですが、この場合のでっぱりは改善しません。

しかし、オスグッド病の痛みは施術によりなくなります。

激しいスポーツや正座をしても全く問題ない状態、痛みのない状態となりますので心配ありません!

成長痛、膝痛でお困りの方はご相談ください。

 

 

 

野芥・六本松・草香江・田島・友丘・輝国・笹丘・小笹・長尾・別府・茶山・七隈・荒江・大濠・桜坂・薬院・平和・茶山・荒江・警固・別府・鳥飼・平尾・白金・梅林・飯倉・城西・赤坂・大手門・舞鶴・輝国・梅光園・茶山・干隈・曙・赤坂・谷の膝痛・坐骨神経痛・腰痛・成長痛・ヘルニア・腰痛・肩こり・首痛・頭痛・慢性腰痛・首こりは福岡市中央区・城南区・早良区・西区の整体/福岡中央区整体

オスグット病の一問一答  【オスグットになると肩甲骨が痛くなる?】  福岡市オスグッド病-研究所

オスグッド病になると肩甲骨が痛くなる?

左足がオスグッドになると、右の肩甲骨が痛くなる場合が多いです。

右足がオスグッドになると、左の肩甲骨が痛くなる場合が多いです。

下の右側の図をご覧いただければ分かりやすいです。

福岡市中央区、福岡市早良区、福岡市城南区のオスグッド病の整体

左の太ももの筋肉・筋膜は右の肩甲骨に、

右の太ももの筋肉・筋膜は左の肩甲骨につながります。

人間の体は想像以上に連動して動いています。

左足のオスグッド病は、左の太ももが異常収縮して

患部(オスグット病で痛い部分)

を引っ張ることが直接の原因ですが、

左の太ももだけを、いくらほぐしても効果が出にくい

のです。

腹部、反対側の肩甲骨、首などの収縮もオスグッド病の

大きな原因なのです!

成長痛・膝痛でお困りの方はご相談ください!

イラスト図出典:『アナトミー・トレイン徒手運動療法のための筋筋膜経線』 より引用

 

 

 

谷・原・野芥・六本松・草香江・田島・友丘・輝国・笹丘・小笹・長尾・別府・茶山・七隈・荒江・大濠・桜坂・薬院・平和・長丘・市崎・警固・大濠・鳥飼・平尾・白金・梅林・飯倉・城西・赤坂・大手門・荒江・輝国・梅光園・地行・赤坂・茶山の肩こり・坐骨神経痛・腰痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・オスグッド病・腰痛・肩こり・首痛・頭痛は中央区・城南区・早良区・西区・南区の福岡中央区整体。

オスグット病の一問一答 【オスグッド病は安静にしていれば治る?】  福岡市オスグッド病-研究所  

オスグッド病は安静にしていれば治る?

 

オスグッド病は、安静にしているだけでは非常に治りにくいです。

しばらくの期間スポーツを中止して安静にすれば一時的に炎症が止まるのでオスグッド病が治ったかのようになります。

が、安静にしてアイシングするやり方ではスポーツを再開すれば痛みも再発するケースが多いでしょう。

したがって、一時的に炎症がなくなり痛みが止まることと、オスグッド病が根本から治ることは別物なのです。

当整体院は、もう二度とオスグット病の痛みが出ない体になる!をコンセプトに施術しております。

オスグッド病を根本から解消させるには知識・技術・経験が必要です。

オスグット病・膝痛でお困りの方はご相談ください!

詳しいHPは、こちらオスグット病-福岡研究所

 

 

福岡城南区・中央区・南区・東区・福岡市西区・博多区・福岡市早良区・六本松・次郎丸・愛宕浜・飯氏・今宿・下山門・周船寺・橋本・姪浜 ・原・百道・百道浜・加茂・城西・高宮・大池・城西・昭代・祖原・西新・有田・荒江・赤坂・原・曙・高取・藤崎・室見・弥生の頭痛・慢性痛・腰痛・肩こり・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・首痛・首こり・自律神経失調症・成長痛・偏頭痛は草香江整体へ

オスグット病の一問一答  「オスグッド病の痛みの原因は?-2」  福岡市オスグッド病-研究所

オスグッド病の痛みの原因は?-2

 

オスグット病の原因はいくつかありますが、今回は身体の硬さについての説明です。

オスグット病の子は全身固いですが、意外に足首の硬さ・足裏の硬さは見落とされがちですが、再発させないためには重要な部分です。

サッカーやバスケットなど激しいスポーツをしてオスグッド病になる子とならない子がいるわけですが、オスグット病が発症する子は皆が足首・足裏が硬いです。それもビックリする程の硬さがあります!

足首・足裏が柔らかいと、激しいスポーツをしてもその衝撃を上手く逃がす事ができ脚の負担の度合いが硬い子と比べるとぜんぜん違ってくるのです。

硬い子は、毎日毎日負担が蓄積していく状態にあります。

そして許容範囲を越えた状態がオスグット病の痛みとして出てくるのです。

なので1週間前に痛みがでたとしても、数か月前や半年前からの蓄積が溜まりに溜まっている状態なのです。

 

成長痛・膝痛でお困りの方はご相談ください!

 

 

 

野芥・六本松・草香江・田島・友丘・輝国・笹丘・小笹・長尾・別府・茶山・七隈・荒江・大濠・桜坂・薬院・平和・赤坂・荒江・警固・別府・鳥飼・平尾・白金・梅林・飯倉・城西・赤坂・大手門・舞鶴・輝国・梅光園・茶山・干隈・曙・城西の坐骨神経痛・腰痛・成長痛・ヘルニア・腰痛・肩こり・首痛・頭痛・慢性腰痛・首こりは福岡市中央区・城南区・早良区・西区・南区の整体/福岡中央区整体

オスグット病の一問一答  「オスグッド病の痛みの原因は?-1」  福岡市オスグッド病-研究所  

オスグッド病の痛みの原因は?-1

オスグット病は、脚のオーバーユース(使いすぎ)により、太ももの筋肉がカチカチにかたくなります。

すると膝下の靭帯(じんたい)が引っ張り上げられ、膝下の骨が隆起したり、剥がれたりして起こります。

スポーツ等で、一生懸命に頑張って練習に取り組む子がなりやすい傾向があります。

また、膝下の靱帯(じんたい)自体の剥離はくり)もオスグッド病の痛みの大きな原因の1つです。

生活スタイルが洋式化しており、椅子に座るので正座する習慣がなく、トイレも洋式便器になっているので膝を深く曲げる必要がありません。

そのため、オスグッド病ではないが、しゃがめない子、正座できない子が多くいます。

しゃがむポーズをすると、うしろに倒れるというか転がってしまう子が多いのには驚きます。

その影響もあり、年々オスグット病の子は増加しており、ある種の現代病といわれています。

成長痛・膝痛でお困りの方はご相談ください!

 

 

 

野芥・六本松・草香江・田島・友丘・輝国・笹丘・小笹・長尾・別府・茶山・七隈・荒江・大濠・桜坂・薬院・赤坂・茶山・荒江・警固・別府・鳥飼・平尾・白金・梅林・飯倉・城西・赤坂・大手門・舞鶴・輝国・梅光園・茶山の坐骨神経痛・腰痛・成長痛・ヘルニア・オスグッド病・腰痛・肩こり・首痛・頭痛・慢性腰痛・オスグット病は福岡市中央区・城南区・早良区・西区・南区の整体/福岡中央区整体

オスグット病の一問一答  【オスグッド病になりやすい性格はありますか?】  福岡市オスグッド病-研究所

オスグッド病になりやすい性格はありますか?

繊細な子、神経質な子のほうがオスグッド病になりやすい傾向があります。

表面的には明るく元気でも内面的なことがオスグット病に影響しているケースも多々あります。

小学生には小学生の悩みが、中学生には中学生の悩みがあり、それが痛みの原因の1つとなっているケースあります。

当院ではソフトな首や頭蓋骨の調整で自律神経を安定させることでメンタル的なことにも対応できます。

成長痛、膝痛でお困りの方はご相談ください。

 

 

中央区・早良区・城南区・西区・六本松・桜坂・別府・鳥飼・茶山・七隈・薬院・白金・輝国・笹丘・田島・大濠・赤阪・草香江・警固・今川・平尾浄水町・浄水通り・白金・古小烏町・舞鶴・長浜・港・平尾・樋井川・祖原・高取・西新・次郎丸・干隈・野芥・橋本・赤坂・室見・堤・原の整体・椎間板ヘルニア・頭痛・首痛・肩こり・腰痛・脊柱管狭窄症・首こり・自律神経失調症・頚椎ヘルニア・膝痛

オスグット病の一問一答  【成長痛をなぜオスグッド病と言うのですか?】  福岡市オスグッド病-研究所

成長痛をなぜオスグッド病と言うのですか?

 

悪化させてしまうと長期間苦しむこととなります

早期の対応、正しい対応が重要です。

聞きなれない病名とおもいます。

正式名称は「オスグッド・シュラッター病(症候群)英:Osgood-Schlatter disease」です。

1903年ボストンの整形外科医ロバート・ベイリー・オスグッドと、

チューリッヒの外科医カール・シュラッターが別々に症例を発表したため

この症状を発表した2人の医師の名前を合わせて、オスグッド・シュラッター病(症候群)と言います。

一般的にはオスグッド病と言われることが多いです。

オスグット病という呼び名で病気の病が付いていますが、当院では病気ではないと考えています。

オーバーワークによるスポーツ障害、つまり膝周りのケガです。

なのでキチンと施術していけばたいていは回復します。

成長痛、膝痛でお困りの方はご相談ください。

 

 

 

福岡市城南区・早良区・西区・中央区・六本松・桜坂・別府・鳥飼・茶山・七隈・薬院・白金・輝国・笹丘・田島・大濠・谷・草香江・警固・今川・友泉亭・唐人町・金山・平和・赤坂・大手門・大名・平尾・荒江・片江・次郎丸・堤・飯倉・四箇・藤崎・昭代・城西・曙・百道・百道浜・有田・飯倉・御所ヶ谷・茶山・小笹・赤坂・舞鶴の整体・肋間神経痛・頭痛・首痛・肩こり・腰痛・坐骨神経痛・頚椎ヘルニア

オスグット病一問一答  【オスグッド病は冷やす?温める?】  福岡市オスグッド病-研究所

オスグッド病は冷やす?温める?

 

基本的には、患部のみ冷やし、全身の筋肉を温めるのがベストです。

学校まで歩いて行き、学校では階段を昇ったり降りたり、廊下を移動したりなどけっこう歩きます。

その結果、膝周りの炎症がますます進み熱をもつので帰宅後すぐに患部のみアイシングするのが良いです。

しかし患部の痛みの原因である筋肉は、異常収縮しているので冷やさず温める必要があります!

またアイシングは、一日何度もしたりすると患部の血流が悪くなり骨膜の回復・再生によくないです。

アイシングのやり過ぎは、悪影響があります。

成長痛、膝痛でお困りの方はご相談ください。

 

 

 

野芥・六本松・草香江・黒門・友丘・輝国・長尾・笹丘・小笹・赤坂・別府・茶山・七隈・荒江・桜坂・薬院・平和・赤坂・市崎・警固・大濠・友泉亭・神松寺・加茂・梅林・飯倉・城西・赤坂・唐人町・舞鶴・輝国・梅光園・地行・今川茶山の肩こり・坐骨神経痛・腰痛・椎間板ヘルニア・慢性腰痛・頭痛・肩こり・首痛・オスグット・膝痛は中央区・城南区・早良区・西区の福岡市中央区草香江の整体

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.