オスグッド病

福岡県久留米市

6歳 男子(小学生)

野球をやっている小学1年生の男の子です。ホームページで当院を知り、久留米市より来院される。まだ6歳なのに、首・腰・脚と全身が硬いです。中学 生のオスグット病の子と比べると、筋肉量は少ないのですが、筋肉の硬さは負けていません!筋肉が癒着して伸び縮みが上手くいかず、膝下の軟らかい軟骨に負 担が来てしまいます。

患部と全身を調整し、オスグット用のストレッチをお伝えしました。

3歳~7歳に発症しやすい幼児のオスグット病は、心理的、精神的な要因も深く関係していると言われています!お父さんの話では、神経質なところがあるし、野球クラブに入ったばかりで、知り合いがいないため寂しがっている、ということでした。

この子の場合、野球クラブで少しずつ友達が増えてくれば、心理的問題は解消すると思われます。すごく元気な子なので、心配ないと思います!

元気がよすぎて、筋肉疲労が原因のオスグット病が少し心配です(^^)

お伝えしたストレッチを、毎日お父さんと一緒にやって、あと2~3回来院して頂ければ良い結果が出ると思います!

オスグッド病の痛みは解消することができます。
オスグットでお困りの方はご相談ください。

 

 

 

福岡県・福岡市中央区・福岡市城南区・福岡市南区・福岡市西区・福岡市東区・福岡市博多区・福岡市早良区・北九州市・久留米市・大野城市・春日市・太宰府市・筑紫野市・那珂川・糟屋郡・志免町・須恵町・粕屋町・宇美町・篠栗町・小郡市・鳥栖市・飯塚市・行橋市のオスグット病(オスグッド病)・成長痛は、オスグット病の専門治療院・福岡中央整体(オスグット病-福岡研究所)にご相談ください!