9歳 男子 小学生   福岡市 東区 馬出

ソフトボール、剣道、水泳をやっている元気な男の子で、病院では、体育の時こけたので膝の骨挫傷と診断されたそうです。3週間、安静にしていたが足の痛みが取れず、お母さんがネットで当院を知り来院される。

どんな動作で痛いか、足のどこが痛いかを1つ1つ確認していきました。正座したり、しゃがんだりすると、膝のすぐ上の筋肉や膝下の靭帯(じんたい)、脛(すね)の上部に痛みがあるようでした。太ももの筋肉はゴリゴリに固まっていました。

ソフトボール、剣道、水泳と3つもスポーツをやっており、剣道に行った後すぐに水泳に行く日もあるそうです。明らかなオーバーユース(体の使いすぎ)でオスグット病かなと思いました。
しかしさらに詳しく話しを聞いていくと、朝、起きてすぐに肩が痛烈に痛いそうです。泣いてしまうそうです。

検査してみると、首・肩・背中・腰・足の全てが固かったです。9歳なのに大人の筋肉よりはるかに固かったです!やはり腰も背中も全身痛いそうです。

幼児~小学校低学年の成長痛です!

本日で2回目の施術で、初回来られた時は階段の昇り降りで太もも、ふくらはぎが痛く歩けなかったそうですが、今日はずいぶん楽に階段を昇れたそうです(^^)

夏休みということもあり、成長痛のストレッチを10個くらい伝えていました。

ちゃんと頑張ってやってくれたようです(^^)

幼児~小学校低学年の成長痛は、お母さんもしくはお父さんが毎日一緒にストレッチをしてあげるほうが、改善スピードが早くなります!
なぜなら小さい子の成長痛は、心や精神的な部分が影響して体の緊張として表出している場合が多いので共同作業に意味があります。

オスグット病の痛みは解消することができます。
オスグットでお困りの方はご相談ください。

 

福岡県・福岡市中央区・福岡市城南区・福岡市南区・福岡市西区・福岡市東区・福岡市博多区・福岡市早良区・北九州市・久留米市・大野城市・春日市・太宰府市・筑紫野市・那珂川・糟屋郡・志免町・須恵町・粕屋町・宇美町・篠栗町・小郡市・鳥栖市・飯塚市・行橋市のオスグット病(オスグッド病)・成長痛は、オスグット病の専門治療院・福岡中央整体(オスグット病-福岡研究所)にご相談ください!