オスグット病が発症する子としない子の違いは?

オスグットの原因は太ももの筋肉が異常収縮して患部(痛い部分)を

引っ張ることです。

一般的には、体の固い子がオーバーワーク(スポーツのやりすぎ)

で太ももが硬くなると言われています。

しかし、同じくらい体が硬くて、同じスポーツを、同じ練習量しても

オスグッド病になる子とならない子がでてきます。

その違いは筋肉の回復力の差によるものです。

筋肉が回復するには、無数にある毛細血管が拡張し、

筋肉の老廃物がドンドン流され、酸素と栄養が次々と筋肉に

運ばれることが必要です!

オスグッド病になる子は、毛細血管が細く縮んでいるので

筋肉に老廃物が蓄積し、酸素なども不足することで日に日に

硬くなっていきます。

その結果、膝の皿の下2~3cmの部分が引っ張られて痛くなります

オスグット病の根本的な原因は、筋肉の柔軟性を左右する毛細血管

が拡張しているか収縮しているかなのです!

当院ではこのことに注目し、どうしたら毛細血管が拡張するのかについても

お話ししています。

成長痛、膝痛でお困りの方はご相談ください。

詳しいHPはこちら福岡市-オスグッド研究所

野芥・六本松・草香江・黒門・友丘・輝国・長尾・笹丘・小笹・長尾・別府・茶山・七隈・荒江・桜坂・薬院・平和・赤坂・市崎・警固・大濠・友泉亭・神松寺・加茂・梅林・飯倉・城西・赤坂・唐人町・舞鶴・輝国・梅光園・地行・今川・草香江の膝痛・坐骨神経痛・腰痛・椎間板ヘルニア・慢性腰痛・頭痛・肩こり・首痛・成長痛は福岡市中央区・城南区・早良区・西区・南区の福岡市中央区草香江整体