オスグッド病の痛みの原因は?-1

オスグット病は、脚のオーバーユース(使いすぎ)により、太ももの筋肉がカチカチにかたくなります。

すると膝下の靭帯(じんたい)が引っ張り上げられ、膝下の骨が隆起したり、剥がれたりして起こります。

スポーツ等で、一生懸命に頑張って練習に取り組む子がなりやすい傾向があります。

また、膝下の靱帯(じんたい)自体の剥離はくり)もオスグッド病の痛みの大きな原因の1つです。

生活スタイルが洋式化しており、椅子に座るので正座する習慣がなく、トイレも洋式便器になっているので膝を深く曲げる必要がありません。

そのため、オスグッド病ではないが、しゃがめない子、正座できない子が多くいます。

しゃがむポーズをすると、うしろに倒れるというか転がってしまう子が多いのには驚きます。

その影響もあり、年々オスグット病の子は増加しており、ある種の現代病といわれています。

成長痛・膝痛でお困りの方はご相談ください!

 

 

 

野芥・六本松・草香江・田島・友丘・輝国・笹丘・小笹・長尾・別府・茶山・七隈・荒江・大濠・桜坂・薬院・赤坂・茶山・荒江・警固・別府・鳥飼・平尾・白金・梅林・飯倉・城西・赤坂・大手門・舞鶴・輝国・梅光園・茶山の坐骨神経痛・腰痛・成長痛・ヘルニア・オスグッド病・腰痛・肩こり・首痛・頭痛・慢性腰痛・オスグット病は福岡市中央区・城南区・早良区・西区・南区の整体/福岡中央区整体