福岡市城南区田島

13歳 男性(中学生)

左ヒザを曲げる時に異常はないのですが、曲げて伸ばす途中でヒザ関節がはずれてしまいます。はずれた時は痛みもあります。水泳でターンする時にプー ルの壁を蹴りますが、その時からおかしくなったそうで、関節がはずれると、右脚だけで立って左脚を宙に浮かせて何度も蹴る動作をすると関節が入るようで す。

お父さん、お母さんが見守る中、施術がスタートしました。

仰向けになってもらい、あらゆる角度から関節がズレないようにしましたがダメでした。うつ伏せでも試みましたが、脚を伸ばす時に関節がズレてしまいます。立位でも試行錯誤しましたがズレてしまいます。

なかなか止めることができませんでしたが、必ずズレないように止める事ができると感じていました。

ベットの端に腰掛けてもらい色々な方向からズレないよう止めてみました。すると、関節がズレないでスッと立ち上がれるポイントを探し出すことができました。そのポイントを止めたまま何度か立ったり、座ったりしてもらいましたが大丈夫でした。

私が手を放して、立ったり座ったりするとズレるので、止めるポイントを教えて自分の手で止めて立つようにすると大丈夫でした。

パチパチパチとお母さんが拍手して下さいました。

私も拍手したい気分でした。

「どこに行っても治らないから、もう諦めてました。」

とおっしゃいました。

本当に良かったと思います。

この子は、以前オスグット病だったそうです。オスグット病は、大腿の筋肉がヒザを引っ張り上げる事で軟骨が剥がれます。この子の場合、大腿の筋肉がヒザを引っ張り上ることで、なんとヒザ関節自体がズレるようです。

特殊な症例であり、施術回数の必要性を感じるが回復可能と思われます。

オスグットでお困りの方はご相談ください。

 

 

 

福岡県・福岡市中央区・福岡市城南区・福岡市南区・福岡市西区・福岡市東区・福岡市博多区・福岡市早良区・北九州市・久留米市・大野城市・春日市・太宰府 市・筑紫野市・那珂川・糟屋郡・志免町・須恵町・粕屋町・宇美町・篠栗町・小郡市・鳥栖市・飯塚市・行橋市のオスグット病(オスグッド病)・成長痛は、オ スグット病の専門治療院・福岡中央整体(オスグット病-福岡研究所)にご相談ください!