福岡市中央区笹丘

13歳 中学生 男子

サッカーをやっている男の子のオスグット病です。脚に負担のかかるスポーツであるサッカーなどは、ボールを蹴るための筋肉(太ももの筋肉・大腿四頭筋)の使いすぎが原因でオスグット病を引き起こします。
この子は、約8ヶ月間、オスグット病で膝の下が痛いそうです。病院でオスグット病の治療を受けるが、回復していかない状態が続く。お母さんがインターネットで、当院のHPを見たのがきっかけで来院される。

症状としては、ジャンプすると痛い、深くしゃがむと痛い、とのことです。全身の歪みを調整してから脚を集中的に施術しました。その後、しゃがんでも痛みは出ませんでした。しかし、ジャンプすると痛みが出るようでした。
オスグット病で、ジャンプして痛い時は、○○○○しながら靭帯を調整しないと、なかなか改善しません。○○○○してもらいながら治療すると、オスグット病のジャンプ時の痛みは解消します。これは、オスグット病の治療のコツです。

大腿四頭筋の過剰緊張を、緩めるのは非常に大切なことですが、それだけではオスグット病を解消するのは、難しいのです。オスグット病は、ヒザ周りの筋肉、靭帯、関節のズレ、この3つを施術しなければ良くなりません!

この子も○○○○施術した効果でジャンプした時の痛みも解消しました。

オスグッド病の痛みは解消することができます。
オスグットでお困りの方はご相談ください。

 

 

福岡県・福岡市中央区・福岡市城南区・福岡市南区・福岡市西区・福岡市東区・福岡市博多区・福岡市早良区・北九州市・久留米市・大野城市・春日市・太宰府 市・筑紫野市・那珂川・糟屋郡・志免町・須恵町・粕屋町・宇美町・篠栗町・小郡市・鳥栖市・飯塚市・行橋市のオスグット病(オスグッド病)・成長痛は、オ スグット病の専門治療院・福岡中央整体(オスグット病-福岡研究所)にご相談ください!