福岡市南区大橋

14歳 男子(中学生)

オスグットシュラッター氏病という病名がついていますが、オスグット病は、スポーツ障害の1つです。スポーツ障害ということはケガなので、正しい方法で施術すれば、オスグット病はどんどん解消していきます。

インターネットで当院を知り、福岡市南区より来院される。この子は、野球部でキャッチャーだそうです。3~4ヶ月前から右ヒザの下が痛み出し、病院 でオスグット病と診断されています。キャッチャーは、しゃがみっぱなしなので下半身への負担が大きくなってしまいます。野球のポジションの中では、一番オ スグット病になりやすいと言えます。
しゃがんでミットを構えると、オスグット痛がひどいので辛いそうです。なので、木箱に座ったままキャッチャーをやっているそうです。

検査すると、痛みをかばっていたので全身の歪みがかなりありました。しゃがんでもらうと、右ヒザがオスグット痛のため、不自然なしゃがみ方でした。 重症ではありませんが、軽症~中症のオスグット病です。全身の歪みを調整して、足首~骨盤までゆっくりと痛くないように、痛くないように筋肉を緩めていき ました。その後、オスグット病の手法をやり、サポートしながらしゃがんでもオスグット痛はありませんでした。

その事に、本人は驚いていました。

サポートなしでしゃがむと、半分くらいのオスグット痛が残っていました。初回で全てのオスグット痛は取れませんでしたが、あと数回施術すれば、オスグット病によるヒザ下の痛みは解消すると思います。

ちょっとだけキャッチャーはお休みして、オスグット痛が完全に解消してから、おもいっきり野球すると約束してくれました。

オスグッド病の痛みは解消することができます。
オスグットでお困りの方はご相談ください。

 

 

 

福岡県・福岡市中央区・福岡市城南区・福岡市南区・福岡市西区・福岡市東区・福岡市博多区・福岡市早良区・北九州市・久留米市・大野城市・春日市・太宰府 市・筑紫野市・那珂川・糟屋郡・志免町・須恵町・粕屋町・宇美町・篠栗町・小郡市・鳥栖市・飯塚市・行橋市のオスグット病(オスグッド病)・成長痛は、オ スグット病の専門治療院・福岡中央整体(オスグット病-福岡研究所)にご相談ください!