福岡県北九州市

11歳 男子(中学生)

春休みの影響なのか、最近は北九州市や久留米市からの来院が続く。

この子は、サッカーをやっているとても明るい子でした。膝下の痛みを感じだしたのは、3週間前くらいだそうです。その後、病院でオスグッド病と診断を受けています。友達がオスグッド病のために、何ヶ月も苦しんでいたのを知っていたので、怖くなって来院したようです。
正座したり、しゃがんだり出来るが、しばらくすると膝下にオスグッド痛が出てくる。膝下の軟骨の出っ張りは、ほとんどありませんでした。症状的には、早期のオスグッド病のようです。

検査すると体の柔軟性がなく、筋肉も硬くて、元々体が硬いようです。基本手法とオスグッド病の手法をやった後に、正座したり、しゃがんだりしてもオスグッド痛は、かなり減少しました。

オスグッド病に効果的なストレッチを4つ伝え、朝、昼、夕、寝る前の4回はやる約束をしました。

この子は、まだオスグッド病が酷くなる前に来院してくれたので、痛みが減りやすい傾向にあります。
なんどか施術すればオスグッド病は解消すると思われます。

オスグットでお困りの方はご相談ください。

 

 

 

福岡県・福岡市中央区・福岡市城南区・福岡市南区・福岡市西区・福岡市東区・福岡市博多区・福岡市早良区・北九州市・久留米市・大野城市・春日市・太宰府 市・筑紫野市・那珂川・糟屋郡・志免町・須恵町・粕屋町・宇美町・篠栗町・小郡市・鳥栖市・飯塚市・行橋市のオスグット病(オスグッド病)・成長痛は、オ スグット病の専門治療院・福岡中央整体(オスグット病-福岡研究所)にご相談ください!