北九州市 14歳  男子 (中学生)

オスグットで北九州より、お父さんと来院されました。膝を見てみると、右膝の下がボコッと隆起しています。サッカーをやっているそうです。オスグッ トで痛くても、休まないでサッカーを続けていたようです。オスグット病は、スポーツを一生懸命に頑張る子ほど悪化してしまいます。 来院したときは、次の ような症状でした。

  1. 右膝は、軽く触ると痛い状態
  2. 階段の昇り降りでオスグット痛がある
  3. 正座は、オスグット痛のためできない
  4. しゃがむことができず、中腰がやっとできる
  5. 坐骨のズレ
  6. 脚の長さの差がある
  7. 腰椎・頸椎の歪みと緊張
  8. ふくらはぎの過剰収縮

体の重心を調整し、坐骨や脚の長さをそろえ、筋肉をゆるめ・・・・と全身を調整しました!
施術後は、しゃがむことが出来ました!正座すると、少し痛みがあるようでした。しかし、病院に長く通院しても、オスグット痛に変化がなかったのに、初回で しゃがめたり、正座できたりしてお父さんは驚いていました(^^)初回でしゃがめたので、今後の回復は、スムーズに行くと思います。
オスグット病は、筋肉・靭帯(じんたい)・膝関節のズレにアプローチすることで劇的に回復することができます。
病院では治りにくいオスグット病ですが、当院はオスグットの治療法が確立しており、オスグット病の解消に力を入れております。

オスグッド病の痛みは解消することができます。
オスグットでお困りの方はご相談ください。

 

福岡県・福岡市中央区・福岡市城南区・福岡市南区・福岡市西区・福岡市東区・福岡市博多区・福岡市早良区・北九州市・久留米市・大野城市・春日市・太宰府市・筑紫野市・那珂川・糟屋郡・志免町・須恵町・粕屋町・宇美町・篠栗町・小郡市・鳥栖市・飯塚市・行橋市のオスグット病(オスグッド病)・成長痛は、オスグット病の専門治療院・福岡中央整体(オスグット病-福岡研究所)にご相談ください!