13歳 男子 中学生
福岡市 中央区 赤坂

3ヶ月ほど前から左膝に痛みが出てきたそうです。

バレー部なので膝にかかる負担が大きいのでしょう。

病院ではオスグット病と診断を受けたようです。

「成長期だから仕方がない、しばらく様子を見ましょう。」

と言われ2ヶ月以上経つが痛みが引かないとのことで
来院されました。

屈伸運動をしてもらうと、かなり痛いようでした。

痛みで膝を曲げきることはできず、中腰になるのが精一杯
でした。

オスグッド病は、膝下の骨を太ももの筋肉が引っ張ることが
原因で起こります。

骨が変形して出っ張ってくるケースは多いです。

ひどくなると剥離(はくり)骨折してしまいます。

膝の関節軸の調整、靱帯の調整、筋肉調製をして痛みの
確認をしてもらいました。

痛みはあるものの屈伸で膝を曲げきることができました。

まだ膝下の骨も変形しておらず、それほど重症のオスグット
ではないようです。

数回の施術でオスグット病の痛みはなくなると思います!

オスグット病の詳しい説明はこちら↓をご覧ください。

オスグット病の痛みは解消することができます。
オスグットでお困りの方はご相談ください。

 

福岡県・中央区・福岡市城南区・南区・福岡市西区・東区・福岡市博多区・早良区・北九州市・久留米市・大野城市・春日市・太宰府市・筑紫野市・那珂川・糟屋郡・志免町・須恵町・粕屋町・宇美町・篠栗町・小郡市・鳥栖市・飯塚市・行橋市のオスグット病(オスグッド病)・成長痛は、オスグット病の専門治療院・福岡中央整体(オスグット病-福岡研究所)にご相談ください!